30代からの肌の変化、顔や頭皮の凝り。マッサージで改善

30代に入りまず気がついたのは、肌の変化でした。

特に手の甲、顔は肌のキメが荒くなり乾燥気味で、気をつけないとと小じわがたくさん刻み込まれそうで怖いです。

目の周りが一番分かりやすく、日の当たり具合でかなり荒さが分かるので、度々ショックを受けています。

また、最近になってあちこち凝りやすいのですが、30代に入って気が付いたのが、頭皮のと顔の凝りです。

20代の頃は、テレビなどで顔凝りを解消するマッサージを見ても、自分に症状がなかったのでピンときませんでしたが、

今では凝った時の、不快な感じがすごく分かります。

 

このような30代からの変化への対応として、

まず、ボディクリームや乳液などを、よりコッテリとした保湿効果の高いものに切り替えました。

塗り方も、特に目の周りは擦り込むように優しく塗ることで、以前よりふっくらしたように思います。

手にもハンドクリームをマメに塗るようになりました。

頭皮と顔の凝りに関しては、凝ってるなと感じた時に手でマッサージする程度ですが、気持ちいいです。

顔は肌を傷つけないよう乳液などをつけて優しく、頭皮は指を立てるように割と強くマッサージしています。

マッサージをはじめてから、顔の見た目がスッキリしてきました。