35歳、重い身体と起きられない朝。食事や生活習慣を心がける日々

わたしは、今年35歳になります。日頃体力の衰えをひしひしと感じています。

20代では無かった症状がでてくるようになりました。

例えば、少々の寝不足でも体がきつくなってきました。

朝起きるのに以前より体が重くなって起きるのに時間がかかったり、

起きても朝の活動が鈍くなったりして、思いどうりに動けなくなってしまって情けなくあり悲しくもあります。

20代では、無理がきく体だったのに今では途中で休憩を取りながらでないと無理になってきました。

 

私は、元々貧血持ちなのでそれも要因の一つだと思います。特に今年の猛暑は体にこたえます。

それと冷え性も持っているので、1日中クーラーに当たっていると冷えてきて血流の流れも悪くなり、

体調が悪くなるんだとおもいます。

それに規則正しい生活を送ってこなかったので、体内時計が狂ってしまって、

交感神経と副交感神経がうまく機能しなかったんだと思います。

それによって体だけでなく精神的にもストレスがかかっていたんだと思います。

あと、便秘も長年苦しんできました。下剤がないといけない生活になっていました。

このままではいけないと思い生活を変えてきました。

まず食事ですが、とにかくバランスの良い食事をこころがけました。

栄養のことは分からなかったので、とりあえずいろんな色の食材を集めて調理をしようと思いました。

便秘や貧血もあったのでそれも考慮して食事をしました。

睡眠は、寝る前にテレビやスマホを見ると眠れなくなるときいたので、

それをやめて自律神経を和らげる音楽を聴きながらねたら、睡眠の質が良くなったと思います。

 

運動は、一日ウォーキングを30分やるようにしました。体だけでなく精神的にも良かったです。

結局人間の体というのは、年齢と共に衰えてくるので、それを逆らわらず無理なくやっていかないといけないんだと思いました。