30代になり経血量の変化と下腹部痛を感じるように

私は子宮内腺筋症と筋腫持ちです。

34歳の時に娘を出産しましたが、それまでも不妊治療を3年間程続けていました。

その時の検査で初めて自分が子宮内膜症と筋腫があることを知りました。この頃はまだ「子宮腺筋症」という病気の名前ははっきりしていなかったように記憶しています。

お恥ずかしながら20代の頃は忙しさを理由に婦人科検診に行ったこともなかったのです。

30代になりなんとなく経血量に変化がでてきたような気がして、それに伴い生理後排卵前の時期に下腹部痛を感じることが多くなりました。

そして次第に鎮痛剤なしでは過ごせなくなってきました。

そして30代半ばを過ぎようやく子宮腺筋症であるとはっきりしたのです。

これは生理を重ねれば重ねる程悪化する病気。

ということは年齢を重ねるごとに辛い症状も更にひどくなるかもしれません。

 

逆に閉経してしまえば症状も落ち着くとのこと。

手術をするにしても完全に取りきれるとも限らないので、現在鎮痛剤を飲むなどの対処療法のみで過ごしています。

今後あまりに耐えがたくなったら生理が来なくなるようにピルを飲む、器具をいれるなどして対応を変えていこうと思っています。

この病気は30代40代に多いようで、年齢によって色々婦人科系体の不調は出てくるなぁとしみじみ感じています。