50歳を過ぎて老眼の始まり。なれるまでは苦労もあり。

50才を過ぎてから、メガネやコンタクトを使用して視力を矯正すると、遠くはよく見えるのですが、近くの物がぼやけて見えるようになりました。まさしく老眼の始まりです。

もともと近眼で、裸眼でいることも多かったから、気づくのが遅かったのかな、とも感じます。

まだこの状態に慣れてないうちは、外出先で小さな文字を読む時や、署名する時など、本当に苦労しました。今は、持ち物の中に、必ず老眼鏡を必ず忍ばせています。

これが、裸眼の時は、逆に近くの物がはっきり見えるのですが、裸眼だけでは危なくて生活できません。

加齢による視力の衰えや老眼は、自然の流れで何ともしがたいものなのですが、やはり実際にそうなってみると、自分も年を取ったものだなあ、と実感して、最初のうちは落ち込んでしまいました。

とはいっても、仕事はまだまだ続けたいので、書類作成やパソコンでの作業の時には、拡大鏡や老眼鏡を上手に使用して、克服、というかこの状態に慣れていかなれければ、と考えています。

速効性はないけれど、コマーシャルなどでよくみかける、ブルーベリー等の目によいとされる成分が含まれサプリメントなども試しています。これは、視力をよくする、というよりも、老眼の進行状況が現状のまま程度で、と考えて服用しています。