体の不調。運動を加えることで以前よりもよくなったことも

私の場合、運動不足でしたので足がすぐつりやすくなったり、痺れやすくなったりしました。

小学校の頃は前屈しても手が床につくほど柔らかい方でしたが、体もだいぶ固くなりました。

腰痛ももちろんありますが、お尻の筋肉が弱くなり、長時間オフィスワークをするのも辛く、すぐお尻が痛くなっていました。

慢性的な体の不調にヤバいと感じて、最近はストレッチとウォーキングをするようになりました。

ストレッチは猫背や反り腰などの姿勢を改善するのが目的で、インターネットで良さげな本を購入し、自宅で一人で本を見ながらストレッチを行いました。

慣れてくれば、1日30分くらいのものなので、それほど負担なく続けることが出来ます。

1か月くらい経っていますが、肩を伸ばすストレッチをすると痛みが走ったのですが、2週間後くらいからラクになりました。

また、インナーマッスルを鍛えるストレッチが多いのでお尻の筋肉も鍛えられ、ストレッチ前よりヒップラインが少しだけ上がりました。

座り作業をしていても、前よりお尻の痛みが感じにくくなっています。

反り腰も前はひどく、下っ腹がポッコリ出るような立ち姿だったのですが、最近は常日頃も姿勢を気にするようになり、気付いた時にインナーマッスルに少し力を入れると姿勢が無理なく正されます。

姿勢が正しいと首や腰などに無理な負荷がかかりにくくなるらしいです。おかげで、足のつりも以前より無くなってきました。何より普段の姿勢がだらしないことに気づき、正すように意識できたのは良かったです。