疲れやすい日常。ペースダウンして心を柔軟に。

これが私の更年期なのかなと感じたのは、

40代に入ってすぐのことでした。

毎日会社へ通勤し帰宅時には夕飯を買いものしたり、

ペットとお散歩を楽しんだりと言う、

何でもない日常が、少ししんどいのでやめておこうと、

頭に浮かぶ日が増えてきたことがきっかけでした。

「私どうしたんだろう。疲れやすくなっている。」

そう実感してはいましたが何気なく毎日を過ごしていました。

 

ある日熱が出て下がらない日が何日も続いてしまい病院へ行くと、

体が疲れていると言われ、特に病気ではないよと言うのです。

「更年期に差し掛かる時期なので、不調が続くようなら婦人科で調べてもらうのもいいですよ。」

と内科の先生に言われ、愕然としてしまいました。

まだまだ若いつもりでいたのに、体は徐々に衰えていたのです。

顔は熱いのに体が寒い。指先や足先が冷たくて我慢できなくなるなど、

更年期だとよく見かける症状が、私にも出てきました。

 

いつもならしんどくても頑張るのが、私のいいところと思って頑張ってきたのですが、

もう少しペースダウンして頑張らないことにしようと決めてから、

心がすっと楽になり、体のしんどさも少し楽になった気がします。

特に薬を飲んだりはまだしていませんが、しんどい時には薬にも頼ってみようと思っています。

心を柔軟に、臨機応変にを心がけているつもりです。