30代からの白髪。ストレスを溜めない生活を心がける。

30歳を過ぎると,

20代の頃には感じなかった体の異変が所々に出てきます。

私が最初に実感した異変は、白髪が急激に増えたことです。

20代後半頃から数本あったのは気付いていたのですが、

仕事などが忙しかったこともあり、あまり髪の毛をじっくり見ることをしていませんでした。

そんな時、美容師さんに「白髪が増えてきたね」と指摘され、そこでやっと異変に気付きました。

その日は美容師さんにお願いして初めて白髪染めをしましたが、

「まさか自分が、白髪染めをする時が来るなんて。」

とショックで落ち込んでしまいました。

それからは毎日、白髪が目立ってきていないかチェックをして、

少し髪が伸びてきたら美容室へ行くようになりましたが、

頻繁には通えないので自宅で市販の白髪染めをするようにもなりました。

 

思い返すと白髪が増えた時期は仕事も私生活も忙しく、

ストレスも相当溜まっていたと思います。

 

それが原因で白髪が増えたのかはわかりませんが、

まずはストレスを溜めないようにリフレッシュすることを優先し、

気持ちの余裕を作るように心掛けました。

するとそれが功を奏したのか、明らかに白髪の本数が減っていきました。

美容師さんに聞いた話によると、

通常白髪になった毛根は黒い髪の毛は生えてこないようなのですが、

ストレスや食生活などの改善で、黒い健康的な髪の毛が生えてくることがあるそうです。

 

ただの老化だからと諦めず、

原因になっている点を見直せば、改善できることもあると思うので、

継続することの大切を身に染みて感じました。