まさか自分が更年期に・・健康には気を使っていたのに

更年期特有の辛い症状が、ほとんどなかったという母の話を聞いていた私。

自分が更年期障害でこんなに悩むなんて思っていませんでした。

多少なりともそういうことには遺伝が関係するだろうから、

私も更年期が楽なはずだと楽観的だったのです。

40代後半になれば更年期がやってくるけど、

私は薬のお世話にはならない!と変な自信がありました。

スポーツクラブ通いをして、健康には人一倍気を遣っていました。

日頃からストレスを溜めないようにストレスが溜る前に解消させることも徹底させていました。

だから余計に更年期なんて怖くないと思っていたのですが・・・。

46歳の頃、月経が来たり来なくなったりの生理不順に。

このまま閉経してしまうのかも・・・と覚悟していた矢先、

その通りになってしまいました。

47歳になる前に私は閉経しました。

 

閉経してから毎日カリカリイライラ。そして不安感がひどくなり少しのことでドキドキビクビク。

ついには被害妄想のような状態になり、

家族から病院で診てもらうことを勧められました。

被害妄想はそんなにひどくはなかったけどイライラカリカリがひどかったのです。

弱めの安定剤を飲んでいるうちに落ち着きましたが、薬を飲まなかったら自暴自棄になっていたかもしれません。