体が熱くなり、全身から汗が噴き出す。医者に更年期だと言われた。

プレ更年期かもと思ったのは発汗が多くなってきた46歳の頃。

運動が苦手で、体を動かす機会が少ない私は汗をかきにくい体質でした。

滅多なことでは流れるような汗をかかない私が、

テレビを見てリラックスしているとき大汗をかいたのです。

首から流れた汗が、胸をつたって衣類を濡らし、

頭から落ちる汗が、うなじから流れ落ち・・・。

体が急に熱くなって、全身から汗が噴き出すのです。

特に背中当たりが熱くなりカイロを入れているような・・・

ホットカーペットの上に寝ているような、異常な熱さを感じました。

背中が熱くなると全身からひどい汗が出ます。

緊張すると、脇や手のひら足の裏から汗が出るけど、

更年期の汗は別のところから出る感じ。

脇や手のひら足の裏から汗が出ていたとしても気にならない程度で、

頭や背中お腹当たりからの汗がひどかったです。

 

更年期障害になるには早すぎると思い医者に診てもらうと、

ずばり更年期障害だと言われて・・・。

ちょうどその頃、月経が不順になり閉経が近いと感じていたためそれも相談すると、

「50歳までは月経が続いて欲しいけど、そこまで続かないかもしれないね」

と言われ二重にショックを受けました。

体を酷使する仕事を辞めましたが、更年期の汗は改善しませんでした。