老眼からはじまって、年ごとに増える気になるところ

私の場合は文字が見えにくくなったことから始まりました。

老眼が始まったかな?と思ってから、ひとつ歳を取る毎に不整脈、胸の痛み、めまい、耳鳴り、と気になる所がどんどん増えていきました。

今までは色んな事に興味が湧いたのにそれも薄れてきてファッションやネイルなどあまり気にしなくなり、家に居ることが多くなりました。

血液検査の結果、女性ホルモンが減少

家事をする気力も段々なくなりこれはおかしいなと思い、自宅の近くの内科に行って血液検査をしてもらいました。

その結果、女性ホルモンが減少しはじめているとの事でした。

漢方薬を処方して頂き飲み始めて2~3週間辺りから少しずつ落ち着いてきて今も薬は続けています。

不眠や不安も同時に発症したのでその時に飲む安定剤も出して頂きました。

女性は閉経と共に体の不調が出てきます。それはとてもショックではありますが、そこを越えればまた楽しい生活ができるとなるべく前向きに過ごすようにしています。

なかなかそれが難しいのですが、一日ひとつでも何かできたら自分を褒めて明日もまたひとつできたら褒めるという風に過ごしています。

今は無理をせず家族にも理解してもらっています。更年期はずっと続くものではない、必ず終わりがやってくると思い前向きに考えるようにしています。