とにかく眠い30代後半。無理せず過ごし症状改善

30代後半になった頃、日中、とにかく眠い状態に襲われました。

寝ても寝ても足りないのです。

眠い、体を休めたい。無理せず休み気持ちが改善

その頃は専業主婦でしたので、家事をきちんとこなさなければいけないのに、少し動いただけで、もう横になって休みたいという衝動にかられました。

身体がいうことを聞かなくなりました。

気持ち的にも、これまでとても好きだったファッションやオシャレや、ウィンドーショッピングに、全く興味がわかなくなり、楽しくない日々になってしまいました。

外に出かけるのもとてもおっくうになってしまい、徒歩5分のスーパーに買い物に行くことすら、とても苦痛になりました。

一時的なものなのかと、様子を見ていましたが、2~3か月経っても改善しませんでした。

 

自分でも、これはなんなのだろう、自分の身体に何が起こっているのだろうと、不安でいっぱいになりました。

でも、その症状に逆らって無理をすると、よけいに辛かったので、とにかく、眠いときは寝て、休みたいときは休んで、というように、身体が発している欲求に素直に応えるようにしました。

そうしたら、半年くらい経った頃から、徐々に気持ちが上向いてきて、眠気も収まってきました。

自分の身体と向き合うことが大事なのだなと、実感しました。40代後半になった今は、朝起きるのが辛いくらいで、むしろ今の方が身体は楽になっています。