老いを感じ始める40代!一番つらい時期なのかも

まず最初に現れた更年期障害の症状は頭と顔から流れ出る滝のような汗でした。

私の場合は早かったのでしょうか。43歳頃でした。現在48歳ですが、汗の症状はだいぶ軽くなりまして、ほとんど気になりません。

気分的にはイライラしたり、落ち込んだりしやすくなりました。

体型の変化は45歳頃に実感するようになりました。

顔の皺やたるみは43歳頃に写真を見て気づきました。ほうれい線がはっきり写り、いきなり老け込んでしまい、悲しくなりました。

最近は、体重の変化はないのに、体型がはっきりと変わってきました。

肌のハリがなくなり、デコルテの胸骨が目立ちます。鎖骨が綺麗に出たのを喜んでいたら、あっという間に胸骨が浮き出て落ち込みに変わりました。

重力に負けて、何もかもが下に下がり始めて、骨盤上部に貯まるような感じです。

太ってはいないので、三段腹ではないのですが、座るとお腹の肉ではなく、皮がたるんでしわしわになります。

皮を切り取って、上下を縫い合わせたらまたピンと張るのになどとたるんだお腹の皮を見て悲しくなります。

手足の変化では、血管が浮き出て見えるようになりました。

手を下げているとてきめんにわかります。洋服で隠れない場所なので、隠しようがないです。足の変化は太ももに出ました。やはり肌のハリが無くなったからでしょう。明らかに見た目が太くなりました。たるんだ皮膚は、膝の上に皺を作りました。

老化現象が自分の体に起きて、精神的にきついのは40代なのではないかと思います。

もう少ししたら、諦めの境地に立ち、あっけらかんとなれるのではないかと思います。