30代前半でぎっくり腰に?椎間板ヘルニアに

30代前半の時の事ですが、家の片付けをしていた所、重い物を支えて居たらギックリ腰になってしまいました。

数日動けず、その時は単純にギックリ腰だと思っていたのです。

その後痛みが中々引かない為病院で検査をして貰うと、なんと椎間板ヘルニアでした…!

20代の頃に比べると筋力も自分が思うよりももっと落ちています。なので、過信せずに周りの人に頼ったり一人で頑張りすぎない事も大事です。

現在も私はヘルニアのリハビリ治療に通っており、生活の中で気を付ける点はいくつかあります。

先ずは、極力重たいものは一人で持たない事。買い物などは宅配システム等を利用し、お米や飲料系などはお願いしちゃってます。

次に前屈みや痛みの出る姿勢はしない事。これは当然の事ですが、ついつい体調が良くなるとやってしまいがちです。特にお掃除の時になりがちなので、長めの棒付きスポンジに変えるなど工夫する事で対処できます。

そして最後に姿勢です。どうしても腰が痛むと姿勢が悪くなってしまうので、骨盤を中心にお腹に少し力を入れて、骨盤が立つイメージをすると姿勢が良くなると教わりました。

上記の事に気を付け、常に意識する様にしているので、痛み止めを飲まなくても済んでいます。

筋力や骨などは目には見えづらく、気付きにくい部分なので気を付けて頂きたいです。