30代になり太り方が変わってきた。太りにくい体になるようトレーニング

30代になり、太り方が変わってきたように思います。

昔は太ると足や顔にお肉が付くタイプで、お腹や腕はガリガリという土偶のような体形でした。

また、太ったり痩せたりする順番も、今まではお腹や足などにお肉がついてから最後に太るのがお腹で、痩せる時はその逆で足や顔より最初にお腹が痩せるという感じでしたので、お腹は常に痩せている状態でした。

しかし30歳を過ぎたころから、お腹周りにも足や顔と同じタイミングでお肉が付くようになってきました。

今までお腹のお肉で悩んだことが無かったので、お腹痩せのためのトレーニングはしたことがありませんでしたが、最近は腹筋などのお腹に効く運動やストレッチをしたり、マッサージをしたりしています。

また、歳を取って運動しても痩せにくく、運動した効果が現れづらい体になっているという実感もあるので、今まで以上に頑張らなければいけないと思っています。

しかし、格段に体力も落ちているので、ハードな運動は辛いですし特に夏は暑くて続かないので、運動だけではなく食生活にも気を付けています。

少し油断するとすぐにお腹のお肉が気になりますが、筋肉をつけるようにして太りづらいお腹になるように努力をしています。