50代。美に対する意欲がアンチエイジング

50代に入って痛切に感じる「老い」は「容貌の変化」です。

「自分の顔が変わっていく」なんて、若い頃には思いもしなかったことです。

「顔が変わる」とは言っても、より良く変わる、美しくなるというのでしたら大歓迎なのですが、

50代に入っての「顔の変化」は悲しいことに「美しくなる」のではなく、

「皴が増える」「ほうれい線が浮き出る」「シミが出る」なのです。

そして顔の筋肉が少しずつ下に下がってくる、

ということも付け加えなければなりません。・・

これは自分にとって大変ショックなことでした。

特に筋肉が下に下がってくるというのは、お化粧や何かでごまかせるものではありません。

毎朝、自分の顔と向き合いため息をつく、そんな日々でもあります。

ですので、とにかく今の自分にできることを頑張っていくほかないと思うのです。

現在では美白化粧水、そして張りを保ってくれるクリームを朝晩使用しています。

あまり効果はないのかもしれませんが、それでも「努力することに意味がある」と思うのです。

努力し続ける中に「精神の張り」も出てくるでしょうし、

何より「綺麗でいよう」という意欲を持つことは、一番の「アンチエイジング」なのかもしれないと思っています。

時は戻りませんが、そしてものすごく若返るということも不可能なのでしょうが、せめて精神的に若くありたい、意欲を持ち続けていたいと思います。