めまい・ほてり。無理せず自宅でテレビをみて過ごすというのもあり!

めまいや火照りが出始めたら、無理せず安静にしておいたほうが身のためです。

無理をすると過換気症候群や過呼吸などで救急搬送されてしまいますから、無理しないことが大切なのです。

私の場合は、サービス精神から話しすぎてしまいます。そうすると、がんばりすぎて過呼吸のような状態になります。

中年期の女性が、自宅でおせんべいをかじりながら、テレビを見ているという光景はある意味倦怠感などをやり過ごすための過ごし方なのだと思います。

誰も面倒くさがりやものぐさになりたいと思っているわけでもないのですから。

しんどい時は無理に動かない

あまりにもしんどい時は、動かないことも大切です。下手に動くと、失敗を招いてしまいます。

買い物先でも買い忘れたものがあったり、料理の味付けを忘れたりという具合です。

紙に書いて忘れないようにしようという人もいますが、何事もネガテイブにもポジティブにも思考が働きませんから、考えること自体大変な労力を使うので出来るだけ動かない、脳の活動停止状態がおすすめです。

更年期がスタートしたら、積極性が失われているために、少しの物音にもビクビクと反応してしまうこともありますが、アロマオイルで良い香りを嗅いだり、できるだけ生き物としての自分をいたわる生活習慣が必要かと思います。