原因不明。起床時、口の中に唾液が溜まる症状。

現在40代中盤ですが、30代の頃には一度もなかった症状に悩まされています。

それは、寝起きの口の中の異常です。

寝て起きた時、毎回口の中に唾液が溜まっていて、

すぐにうがい、歯磨きをしないと気持ち悪いのです。

 

朝目覚めた時は勿論、ほんの少しの時間

昼寝をした後や、うたた寝程度でも同じ症状がでています。

これがある日を境に突然発症して今に至ります。

寝起きのまま過ごしていると、唾液はどんどん溜まってきてあふれそうになる為、

洗面所がない場所で寝ることはできません。

色々と調べましたが、原因は未だはっきりとはわかりません。

一度うがいと歯磨きをすれば症状はなくなり、

起きている間は全く症状はないのですが、

毎日寝起きに気持ち悪い思いをしています。

 

対策として、マウスウオッシュを使うようにしています。

また、歯磨き粉は口臭予防や、

口の粘つき防止をうたっているものを選んで色々と試してみてはいますが、

何もしないよりは多少マシな程度で、

基本的には改善したとは言えない状況です。

同年代の友人に話をしてみましたが、

同じ症状がある人も中にはいて、

その人によれば、やはり30代の頃は全くなかった症状だということでした。

更年期障害の症状の中に、寝起きに唾液が口に溜まるというものは見たことがありませんが、

これも老化の一種なのかも知れません。

今後も対策について諦めずに探し続けようと思います。