周囲の理解が難しい。自分のペースで生活して行くと決めた。

極度の疲労感や肩こりなどありましたが、

もともと肩こりなどは持病だったために、さほどの不便や辛さは感じませんでした。

のぼせなどもありましたが、

そこまで生活に支障をきたすというほどのこともなかったので、

特にこれといった改善策なども講じませんでした。

 

しかしやはりきつかったのはめまいです。本で調べたところ更年期のめまいには、

横揺れ型と縦揺れ型があるそうで、横揺れは立ちくらみのようなめまい、

縦揺れは船酔いのようなめまいで、縦揺れの方が症状が重いとでていました。

私の場合完全な縦揺れ型で、

突然船酔いのような症状に襲われ気分が悪くなることがしょっちゅうでした。

肩こりなどは湿布を貼るなり、マッサージをするなりできますが、

めまいだけはどうすることもできず、正直耐えるしかありません。

じっとしているしか方法がないのです。が、自分なりに自分自身を分析してみると、

やはり疲れがたまってきたり、ストレスを強く感じる場合に多いのではないかと気づきました。

それならば“気のもんじゃないか”と身近な人間から言われたのですが、

絶対にそうではありません。

更年期にとってそういった捉えられ方が一番ストレスになります。

本来なら怒ったり嘆いたりなのでしょうが、

いっそのこといろんな周囲の無関心な言動も飲み込んで、

自己主義になることに決めました。

自分のペースで生活していこうと。

きっとこの時期は自分のことだけ考えてもいい時期なのだと自分で納得して、

疲れないように適度に休みながらさぼりながら、自分勝手に毎日を過ごそうと思いました。

 

無理は絶対にいけません。

更年期だとあなどってはいけないのだと思い

自分なりにストレスと疲れをためないように日々過ごしています。

縦揺れめまいは少し回数が減ったように思います。

それもまた“気のもん”なのかもしれませんが、それはそれでいいのだと思います。

今は自分のことを中心に考えてもいい年齢なのだと感じています。