夜中に大量出血。その後閉経。体に変化が表れて。。

私の更年期は47歳ころからです。生理がとても不順になりました。

周期ではなく、量です。

ほとんど出ないときと、

逆にこれまで体験したことがないくらいの量が出たりの

時期が繰り返しありました。

 

そして49歳に就寝中に出血を感じて目覚めました。

家にいる時でよかった、と思うくらい布団にまで大量に出血しました。

その時を境に、全く生理が無くなりました。

 

普段の体調は40代半ばから疲れやすく寝ても、疲れが取れなくなっていました。

代謝も悪くなり以前より、食事量が少ないのに体重は変わらず、

なのに体は重く感じるようになりました。下半身に肉が付き始めました。

 

55歳の現在は、体調はなんとか維持していますが

体が重力に逆らえなくなってきたなと感じます。

具体的に言うと、お尻の肉が下がってきたと感じています。

太ももにお尻の肉が落ちているようです。

 

体調を維持していると書きましたが、汗を大量にかきます。

以前から冷え性でしたがさらにひどくなっています。

きつい下着やぴったりとした服は汗もかきますし、

血流が悪くなるからか冷えがひどいのでゆったりした服に変えています。

 

また、命の母や薬用養命酒などが更年期に良いと聞いたので

試しましたが飲み続けるのを忘れてしまいました。

なので改善方法といえば開き直って

気持ちをゆったり持つことや

体を締め付けないよう普段過ごすことにしています。

近眼でしたが老眼にもなりました。白髪も増えてきました。

年を取るということは体力だけでなくこういう事なのだなと実感しています。