1秒でも長く寝ていたい。睡眠時間の増加。

40代に突入してから、疲れがたまりやすくなったのかなと思っています。

以前はできるだけ睡眠時間が少なくて済む生活に憧れていました。

今ではその正反対で、1秒でも長く寝ていたいと思ってしまいます。

休日などは、いつも通りに目覚めても二度寝をするか、

普通の時間に起きても昼寝をするか、どちらかです。

 

こんなに寝なくても大丈夫だったのに、ここ数年でこの習慣がついてしまいました。

普段は、早ければ22時半ごろには布団に入り、朝は6時半ごろ起きています。

あまり寝つきが良くない方なので、布団に入ってもすぐ眠れるわけではありません。

また、3時くらいに大抵、一度目が覚めてしまいます。

もちろん、そこから再び眠りますが…。

仕事はずっと事務職なので、特に体力の消耗が激しいものではないです。

通勤にはバスを使いますが、職場からバス停、また家からバス停も、

歩いて5分とかからないところにあります。

なので、あまり運動もできていません。

後は、最低限の家事をこなす程度です。

そこまで疲れるような生活を送っているわけでもないのに、

必要な睡眠時間は確実に増えました。

今までは感じてこなかった体調の変化なので、ちょっと戸惑いも感じています。