様々な更年期のトラブル。アイテム等で工夫を。

閉経の平均年齢が50歳なら、

45歳から55歳までが更年期の目安だと言われていました。

 

ちょうど45歳くらいから不調を感じ始め、

集中力が落ちる、倦怠感・疲労感、月経不順などが目立つようになりました。

月経不順はスパンが変わっただけでなく、

月経過多で貧血がひどくなるなどの問題もあります。

生理用品も種類が多くなったので、

月経過多のときはショーツタイプの生理用品を使うと心配することなく就寝できます。

 

そして、貧血がひどいときは医療機関で鉄分を補給する薬を処方してもらうか、

市販のサプリメントを使うとかなり楽になります。

最も困る不調はホットフラッシュでしょう。

40代以前は汗が流れるようなことがほとんどなかったのに、

更年期に入ってからはわきの汗染みで困ることが多くなりました。

機能性下着やパットを使うと、このトラブルは解消できるので簡単です。

顔の汗がひどいときは、夏用のベースメイクを使い、

ポイントメイクにはウォータープルーフタイプを使えばメイク崩れが少なくなります。

さらに、うなじや頭皮の汗が気になるときは、

デオドラントシートでふき取るか

頭皮用のクールスプレーを使うなどの工夫ができます。

 

集中力が落ちたり、疲労感や倦怠感が強くなったりする点は、

アイテムを使って効果的に解消するのは難しいので、

今までよりもゆっくりしたペースで生活すると

ストレスがたまらなくなりました。