これって更年期?からだの変化体験談

40代50代の女性による体の変化の体験談

見た目の老化で落ち込まない!できる範囲で美しく

time 2018/02/06

見た目の老化で落ち込まない!できる範囲で美しく

更年期障害の症状は気持ちの持ち方で大きく変わるかもしれません。

体の不調と同時に見た目の変化も大きい時期です。

見た目が・・・という理由で落ち込まず、できる限り範囲で美しくいることが更年期障害対策の1つかも知れません。

sponsored link

更年期で一番つらい鬱。気持ちがふさぎこまないようにまわりとのかかわりを!

意識はしてなかったのですが、ある日親に髪の毛が薄くなってきたねと言われ「更年期かも」と思うようになりました。

 

体調も良い日がほとんどですが月に2日ほど疲労感が半端ない時があります。

だるくてだるくて体は熱がないのに熱っぽくて動くのが億劫になってしまいます。

 

イライラもあり、人が言ったちょっとしたことでとても腹がたったりイライラしてしまいそのあとで落ち込むようなことも多々あります。

生理自体も量も減ってきたしいよいよ更年期に差し掛かってきたんだと実感していますが更年期だと思い込んで病気が隠れていたらこわいので定期的に健康診断も受けていますし友達と自然の中をさんぽしたりおしゃべりしてストレスをためないようにしています。

 

更年期で一番怖いのが鬱だと思うのでなるべく外に出て仕事もそうですが気持ちがふさぎ込まないようにたくさんの人と関りを持つようにし、先輩の女性社員には更年期についていろいろ教えてもらいながら自分に合った方法で乗り切っていくつもりです。

見た目の劣化はある程度仕方がないですがそれが原因で落ち込むことのないようにビタミン剤を飲んだり時には美容点滴をしてできる範囲で美しくなるように、髪も美容院できちんとお手入れしています。

sponsored link



sponsored link