これって更年期?からだの変化体験談

40代50代の女性による体の変化の体験談

更年期障害ありのままを受け入れて乗り切る

time 2017/12/14

更年期障害ありのままを受け入れて乗り切る

45歳くらいからの生理不順から更年期を感じる人は多いそうです。

更年期の症状って人それぞれですが、今はネットでみなさんが体験した症状を知ることができますよね。

自分の症状がまさか更年期の症状だったなんて。と思うこともあるかもしれません。

ありのままを受け入れるためにも、更年期障害について知っておきたいですね。

sponsored link

ショックだけどありのままを受け入れる

私の場合ですが、年齢も45歳を過ぎた時からまずは生理不順になりました。

最初病気かと思っていたのですが、母が近くに住んでいるので母に聞いてみたら「それ、更年期が出ているよ」と言われ、ちょっとショックを受けました。

 

そして、最近は眼精疲労が目に出ている様で、目がショボショボして遠くのものが非常に見づらく、特にアナログ時計の針は非常に見づらいです。

最近は本当に何でこんなに不便になってしまったのか、分からなかったけど、周りの人の意見やインターネットで調べていくうちに更年期の症状や意味が分かってきました。

「あーこれが更年期の症状なんだろうなぁ」と思い、今ある環境の自分に対して受け入れるしかないと思って受け入れていきたいと思っています。

また眼精疲労に関しては、目薬をさして目を使い過ぎず、たまに遠くのものを見たりして使い過ぎない程度に対応しています。

生理不順に関しては、どうしようもないのでだらだらと出血が続いて変な感じを覚えてはいますが、医者に仮にかかったとしても「更年期」と言う結果だけは残ると思うので、ありのままの自分を受け入れ乗り換えるしかないので、何とかこの更年期と言うものを乗り換えていきたいと思っています。

sponsored link



sponsored link