これって更年期?からだの変化体験談

40代50代の女性による体の変化の体験談

更年期は人生の辛いことと重なる時期

time 2017/12/18

更年期は人生の辛いことと重なる時期

更年期障害がでる時期は45歳~55歳くらいと言われています。

更年期を感じさせないほど元気な人もいますが、それでも人生の辛い出来事と重なることが多い時期なので精神的な影響を受けてしまうことがあるようです。

介護・子どもの思春期など精神的に大変な時期ですが、心を安定することで少しは落ち着けそうです。

sponsored link

精神的に落ち着くと辛い症状も和らいだ

私は現在では48歳なのですが、多分40代の人達の中でも健康な方ではないかなと思います。

それでもこれが更年期の症状かなっという様な症状が出始めたのが45歳すぎたごろからで、最初に感じたのが目がかすむ様になってきた事です。

ただ、以前は疲れた時にかすむだけで特に気にならなかったのですが、現在では普段は必要としませんが、請求書など読むときは安く買った老眼鏡を使います。

また白髪が少しずつ出始めました。


それとともに実家の母が病気になった事で精神的にも不安定な日々が続き、今まで必ず毎月来ていた生理がこない日が出始め、また生理前になると気持ちが悪くなるといった症状も出ておりました。

ですがこれはその後母が亡くなり、全てが終わって精神的に落ち着いたら元に戻りましたが当時はその気持ち悪さをなんとかしようと更年期に効くと言われるラズベリーリーフティーやDong Quai(ドンクワイ)という漢方薬などを飲んで対処してました。効果はあった様に思います。

現在は白髪がチラホラとあるのと、老眼で視力が悪くなって来ているのを除けば特に大きな変化はありません。

やはり精神的に辛かった時が身体的にも一番きつかったので、なるべく心配しすぎずに、少しでも気分が上がる様に日頃からしていくのが体も安定していくのではないかと思います。

sponsored link



sponsored link