これって更年期?からだの変化体験談

40代50代の女性による体の変化の体験談

更年期の辛い症状は専門医に相談を

time 2018/01/24

更年期の辛い症状は専門医に相談を

更年期の症状はひとそれぞれ。

ほとんど症状を感じずに終えてしまう人もいるほどです。

実際自分はどうなのか気になりますが、これも更年期を迎えてみないとわからないのです。

 

症状がではじめたら、婦人科医または更年期障害の専門医の力を借りてみましょう。

sponsored link

更年期障害の専門医の診察で今の体を把握する

 

ひとくちに更年期障害と言っても、その症状は人によってさまざまで、症状が軽い人もいれば、めまいやほてりなど体に影響がある重い症状に悩まされる人もいます。

こればかりは、自分で体験してみないとわかりません。

 

そして、ある日突然症状が出る場合や、徐々に進んでいくこともあります。私の場合は両方でした。

 

めまい、フラつきなどの症状は突然に襲ってくる感じでした。

それとは逆に、生理は徐々に出血量が少なくなったり、数カ月おきに大量の出血がきたりと、徐々に生理のリズムが狂っていく場合もありました。

そうした症状を改善するため、私はまず専門医にかかることにしました。

ネットで更年期障害を専門にあつかっている医院をみつけ、まずは相談をすることにしました。

 

診察の際にきちんと説明ができるように予め症状を書き留めておいて、先生に伝えたので、診察もスムーズにすすみました。

診察の結果、更年期障害の検査を行い、自分の体が今どんな状況なのかを正確に把握することができ、先生から生活のアドバイスと症状にあった薬を処方してもらいました。

先生によると更年期の症状は年をとると重くなることもあるので、定期的な診察が必要なのだそうです。

それ以来、毎年一回は更年期外来を受診して自分の体の状態を把握するようにしています。

sponsored link



sponsored link